ホーム >> 研修にあたって > 研修にあたって
研修にあたって

東邦大学の卒後教育目標

より良き臨床医すなわち溢れる思いやりと卓越した医学的知識と技能を通して社会に貢献できる医師を養成するために、医育機関である東邦大学3医療センターは卒後臨床研修における教育目標を以下のごとく定める。

教育目標

    広い視野と高い専門性を医学的に両立させる

    リサーチマインドを涵養する

    教育者として行動する



センター長からのメッセージ

卒後臨床研修/生涯教育センター長 並木 温  東邦大学医学部の教育目標は、「より良き臨床医の育成」です。
これは研究者や教育者などといった進路を軽視するものではなく、まず医学部における初期教育において、患者さんの問題点を的確に把握し、適切な対応をすることができる臨床の基本的素地を養うことの重要性を示しております。
医学と医療が進歩した現在においては、わが国では医学部6年間と卒後2年間をかけて医師としての基盤を形成することが求められています。
そのためには臨床研修(2年間)においては卒前教育(医学部6年間)との連続性が重要であり、さらには臨床研修終了後に多彩な教育コース(後期研修)へ円滑に移行できることが必要です。
臨床医、研究者、教育者などとしての学びは一生続きます。これで終わりということはありません。 常により高いレベルを目指すこと、また自らを省みて至らない点を常に改善することができること、この2つが「より良き」のためには必要不可欠なことかと考えております。


 物事を高く積み上げて行くために重要なことは、まず富士山のようにすそ野を広くとることです。
医師としての初期教育である臨床研修の2年間には、とにかく幅広い経験をしていただきたいと願っております。
自分の将来の道をすでに決めている方もいるでしょう。
こんなことをやって将来役に立つのだろうか、と疑問に思うこともあるかもしれません。
でも何事も決して無駄になることはないでしょう。
これからの医師としての長いキャリアの中で、2年間の臨床研修に前向きに取り組むことが必ずや生かされるときが来るでしょう。


 東邦大学医学部には、3つの医療センター(大森病院大橋病院佐倉病院)があります。
各病院とも地域のニーズに応えつつ、広さと深さを両立させた医療を展開しています。
3病院とも、十分な教育体制が整備されております。
各病院がそれぞれ協力し合いながら、また多くの関連する病院や施設のご協力をいただきながら、東邦大学医学部として実りある臨床研修を提供することができるシステムとなっています。
東邦大学医学部卒後臨床研修/生涯教育センターの仕事は、3つの医療センターをサポートして、皆さんが実りある2年間を過ごせるような環境を作るお手伝いをすることです。
3年目以降も希望する3病院の診療科でレベルの高い指導医のもと、専門医を目指して修練を続け、新たな発見を求めて科学者としてのリサーチマインドを育成して医学博士の取得も目指す、東邦大学はそんな志をもった若い医師を応援しています。


卒後臨床研修/生涯教育センター長 並木 温

スタッフ紹介

氏名役職
並木 温センター長
原 文彦副センター長
古内 茂課長(事務局)
事務員他5名
ページトップへ
ホーム研修にあたって前期研修後期研修指導医・研修医・レジデントの方へパンフレット