ホーム >> 研修にあたって > 大森病院での研修
大森病院での研修

良き医療人の育成をはかり、高度先進医療を提供

大森病院 東邦大学医療センター大森病院は、
  1. 医療を求める全ての人々に真心をもって臨みます。
  2. 安全で質の高い医療を実践します。
  3. 救急医療に対応します。
  4. 地域の医療機関・保健機関と協力しあいます。
  5. 高い技能を持つ心豊かな人材を育成します。
  6. 医療人としての倫理に基づいて先端医療を行います。
を基本方針に、「本院は、良き医療人を育成し、高度先進医療の研究・開発を推進することにより、患者に優しく安全で質の高い地域医療を提供します。」の病院理念を担える研修医の育成を目指しています。

病院長からのメッセージ

「好奇心旺盛な研修医であってほしい」
病院長 小原 明
どのような研修医を望まれますか?
好奇心旺盛な研修医を希望します。若く社会経験の乏しい諸君だからこそ、多くのことを体験し吸収することができるのです。ですから、何でも見てやろう、やってやろうと顔を突っ込んできてくれる、そんな諸君であってほしいと考えます。

研修病院としての大森病院は?
救急救命センター、総合診療・急病センターを有し小児救急医療の地域における中核病院でもあります本院は、2次、3次救急を対象とし大学病院として日本一の救急外来数を誇っています。したがって初期研修の大きな目的である、プライマリーケアーならびに全人的医療を研修する格好の場所となります。さらに、地域医療連携を積極的に推進しており、さまざまな場面で多岐にわたる医療を経験できます。しかし、実り多い研修の達成にはよい環境が必要です。本院は、疲れた諸君を癒すためにそして明日への鋭気を養ってもらうためにシャーワールーム、ベッドそしてインターネット環境が整備された研修医ルームを専任スタッフとともに病院最上階に提供しています。

研修医へのアドバイス
上段最初の文章に、好奇心旺盛な研修医を希望すると書きました。臨床医として好奇心旺盛とは、自らの能力を常に開発向上させて患者さんの医療に貢献しようという態度です。積極的に経験を積むことは大切ですが、それだけで満足せず、必ず経験した事の医学、科学的な根拠や正しさを確認する癖をつけましょう。その様に行動することで、指導医とのディスカッションも実り多いものになると思います。社会経験の浅い皆さんは、技能知識ばかりではなく心を磨いて謙虚に研修を開始することが必要です。
常に初心にもどり、患者さんに寄り添いながら、医師として冷静で適確な行動がとれるようになるよう頑張りましょう。諸君の輝く未来に繋がる第一歩を本院から踏み出して下さい

交通案内

東邦大学医療センター大森病院
〒143-8541 東京都大田区大森西 6-11-1
電話:03-3762-4151(代表)

東邦大学医療センター大森病院 交通機関のご案内
JR京浜東北線 蒲田駅 東口下車
  京浜急行バス2番のりば「大森駅行」
  「東邦医大前」下車
JR京浜東北線 大森駅 東口下車
  京浜急行バス1番のりば「蒲田駅行」
  「東邦医大前」下車
京浜急行 梅屋敷駅 下車、徒歩8分
羽田空港よりタクシー利用、約20分

ページトップへ
ホーム研修にあたって初期研修後期研修指導医・研修医・レジデントの方へパンフレット