東邦大学東邦大学医学部
卒後臨床研修/生涯教育センター

【前期研修】概要と特徴
東邦大学医療センター3病院(大森・大橋・佐倉)臨床研修の基本理念
医療を通じて人類の福祉に貢献するため、豊かな知性と深い医の倫理観に基づいた全人的医療が行える、人間愛に満ちた「より良き臨床医」を目指します。

臨床研修の基本方針
「より良き臨床医」すなわちあふれる思いやりと確実な医学的知識と技術を通して社会に貢献できる医師となるために、医育機関である東邦大学医療センター3病院における臨床研修の基本方針を以下のごとく定める。
T.安全で質の高い医療を実践する。
  1. 基本的な診療能力を身につける。
  2. チーム医療において果たすべき役割を理解し行動する。
  3. 地域に合った医療を理解し実践する。
U.リサーチマインドを涵養する。
  1. 学術的な根拠に基づいて自らの臨床経験を省察する。
  2. 自らの臨床および研究内容の報告書を作成する。
  3. 臨床研修で経験し学んだことを学内外で発表する。
V.教育者として行動する。
  1. 生涯にわたり自己研鑽に努める。
  2. 社会や組織の一員としての役割を認識して行動する。
  3. 後進の指導・育成に注力する。
ページトップへ

  1. トップページ
  2. 研修にあたって
  3. 前期研修の概要と特徴
  4. 後期研修の概要と特徴