東邦大学東邦大学医学部
卒後臨床研修/生涯教育センター

【後期研修】概要と特徴
東邦大学病院での2年間の卒後臨床研修(前期臨床研修)を修了後の、医師として専門的修練にあたるものとして後期臨床研修があります。
当大学にて行う場合の選択肢は3つあります

  1. 東邦大学医学部付属病院でレジデントとして後期臨床研修を行う。
  2. 東邦大学医学部教育関連病院のスタッフとして後期研修を行う。
  3. 東邦大学医学部臨床系大学院生として研修活動を中心としながら、臨床活動を行う。

 なお社会人大学院制度を活用し、東邦大学病院レジデントとして、または東邦大学医学部教育関連病院のスタッフとして後期臨床研修を行いながら研究活動を行うことも可能です。
 いずれの場合でも、東邦大学病院の講座・研究室と密接な関係を持ちながら、学位・専門医・認定医等の資格を取得できるような体制となっています。


特徴
  1. 修練期間は前期臨床研修後、5年間とします。ただし、本学が定めるレジデントと同様の修練期間がある場合は、この期間に含めます。この期間は各診療科が明示する研修プログラムに基づき、教育指導を受けることになります。
  2. さらに、より専門医取得に必要な症例・症状等を経験するために、研修期間の5年のなかで、当大学医学部3病院の教育関連病院・施設にて研修を行う場合があります。この医学部教育関連病院は原則各学会の認定施設であり、また当大学スタッフが指導医として勤務しているので、違った環境のもとでも安心して研修できます。
  3. この後期臨床研修において、関係する学会の認定医・専門医・指導医等の資格を取得していくことになりますが、専門外の疾患へ対応もできるいわゆる一般医としての素養の維持にも努める必要があります。こうした研修により、東邦大学医学部科目である「全人的医療教育」を現場で実践しつつ、学呈としている「良き臨床医」となり、成長していくことができます。

ページトップへ

  1. トップページ
  2. 研修にあたって
  3. 前期研修の概要と特徴
  4. 後期研修の概要と特徴