ホーム >> 後期研修 > 後期研修について
後期研修について
後期研修  平成16年度よりの卒後臨床研修(2年間)においては、臨床医としての基本的な診療能力を身につけることが求められている。その後、各々が専攻した道へ進むこととなるが、改めてそれぞれの専攻に従った研修を求められることとなる。そこで東邦大学医学部では、卒後2年間の研修を「前期臨床研修」、3年目以降の研修を「後期臨床研修」と呼び、皆雇用の体制で行うこととした。

東邦大学医学部は「良き臨床医を育てる」ことを学是としている。「良き臨床医」とは、患者様を疾患を有するパーツに細分化して捉えるのではなく、全人的にかつ高い技術と適切な態度で診ることができる医師のことである。そのために後期臨床研修の初期においては、患者様を幅広く診ることができる環境が整備されていることが必要となる。したがって幅広い臨床研修の場としては付属病院のみならず、症例数、スタッフともに豊富な教育関連病院にも求めることになる。この教育関連病院の整備によって、付属病院における専門性を求めた研修と、教育関連病院におけるそれぞれの科の一般性を軸とした研修との両輪での教育が可能になった。自らのプロとしての将来の質を決定するのは臨床研修後の後期研修であると断言できる。一般性と専門性を兼ね備えた後期研修を自らの修練の場として選択し、臨床実践の場として利用して欲しい。

さらに大学病院には、後輩の教育を行うという研修病院にはない側面が体験できる。ヒポクラテスの時代から「教えることは学ぶこと」と言われてきているが、医学部学生および研修医合わせて8学年の後輩の上に立ち、医学徒達を導き育てる価値は自らに計り知れない糧となる。

一方、基礎医学各教室や臨床教室の研究システムも常に付属病院における臨床実践と連動しており、国内外の学会発表や論文の投稿が医学部全体で膨大に有されている。

これらの臨床・教育・研究の三位一体となった東邦大学医学部の環境を自らのキャリアデザインに活かして欲しいと考えている。
ページトップへ
ホーム研修にあたって前期研修後期研修指導医・研修医・レジデントの方へパンフレット