ホーム >> 初期研修 > 初期研修について
初期研修について
前期研修

2004年に開始された現在の医師臨床研修制度は、その後の見直しを経てわが国における医育制度における重要な段階として定着して参りました。この制度が開始されてから、2003年以前と比較して研修を取り巻く環境は激変しました。大学病院においても各診療科(医局)中心のストレート型研修からローテート型研修に移行しましたが、本学の教育目標である「より良き臨床医の育成」にはいささかも変更はありません。

医師臨床研修制度は2009年の見直しの際に多少の変化がありましたが、その到達目標に修正はありません。本学医療センター3病院の臨床研修プログラムは、到達目標を達成できるようプログラムされております。到達目標が達成できる範囲で、研修の場として多くの医療機関を選ぶことのできる自由度の非常に高い選択研修も可能な様にプランされております。

医学部を卒業し臨床研修に望む研修医の皆さんには、是非本学で、丁寧かつ誠意のある臨床研修を学んでもらいたいと考えております。また2年の初期臨床研修のみならず後期も継ぎ目なく連携して研修可能とするように一体的に運営されております。専門医のみならず科学者としての視点を持ち続けるためにも学位の取得も目指してほしいと願っています。

東邦大学は全人的な医療を実践し、かつ後進の教育指導にもあたり、科学者としての姿勢を併せ持つ、臨床・教育・研究の両立を目指す大志を持った若い医師を継続的に応援いたします。

初期研修について
ページトップへ
ホーム研修にあたって初期研修後期研修指導医・研修医・レジデントの方へパンフレット